集客できるホームページに必要なたった一つの条件

マーケティング
この記事は約3分で読めます。

移動中や作業中に、音声での聞き流しもできます ▼▼▼

ホームページで集客できない

せっかく経費を掛けて作ったホームページなのに集客できない、こんなに時間を掛けて作ったホームページなのに集客できない。といった悩みをもっているかたは多いと思います。

なるべく更新の頻度を上げたり集客イベントをうったりして、集客アイデアを振り絞っている。インターネットで調べたり本を購入したりしてSEO対策にも力を入れている。それなのにアクセス数が伸びない。問い合わせがない。といった声をよく耳にします。

そんなホームページに、もしかしたら欠けているかもしれない要素をお伝えします。

集客できるホームページに一番必要な条件、たった一つの条件は、「相手の立場で作る」ということなのです。

なんだそんな事か……分かっているよ……と思われるかもしれませんが、これができていないホームページを山のように見ます。分かっていることと実行できていることは違うのです。

当社はこれができます。ではダメ

具体的には、何かのサービスを提供したり、何かを販売したりする時に、「当社はこんなサービスができます」「当社ではこんなモノを売っています」だけではダメなのです。

ぜひ「こんな問題や悩みはありませんか?当社はその問題や悩みを解決できます。」というアプローチ方法に変えてみてください。

一つの例として、10年以上前だったと思いますが、「ドリルを売るには穴を売れ」というタイトルのマーケティング入門書が話題になりました。上記タイトルはマーケティング業界でよく使われる言葉らしいですが、このコラムで訴えたいのは、まさにコレです。

ドリルという【物】を紹介することももちろん必要ですが、当社の製品ならあなたがお望みの穴を開けられますよという【価値】を売りにするのです。

また別の例として、「離見の見」という言葉を挙げてみます。これは能で有名な世阿弥の言葉です。能楽の演者は、観客の立場で自分の姿を見て、自分の完璧な舞姿を完成しなさい、と教えている内容です。

事業でいえば、お客様の立場で自社の姿を見て、自社を選ぶ理由があるだろうか?を考え抜きなさい、と言い換えられるのではないでしょうか。

相手の立場になって、ホームページを見直してみましょう

ホームページに求めるものは、たくさんあると思います。見た目に於いては、おしゃれなホームページ、映える写真、グッとくるコピー……。機能に於いては、問い合わせシステム、カートシステム……。仕組みに於いては、SNS連携、アクセス解析……。こういった色々な要素は、たった一つの目的に向かって作り込むべきです。

それが前述の、相手の立場だったらどんな情報が欲しいのか?何を解決したいのか?です。

今回のコラムではホームページを取り上げましたが、ホームページに限らず、パンフレット、営業方法、従業員全体のマインドをお客様目線に変えていけば、じわじわと、しかし必ず効果がでます。

人間のマインドを変えるのは時間がかかりますが、まずは簡単に変えられるホームページから変えてみると良いかもしれません。

マーケティング 集客
川口伸二をフォローする
「プロデザイナーが本気で教える!」は、パンフレットやホームページを作成する方法を知りたい方、料金の相場を知りたい方や費用で迷っている方、外注業者の選択に疲れた方に、作り方のコツ、デザインや印刷を依頼する時に参考になる情報をどんどん教えるコラムです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました